クイーンベッド

クイーンベッドお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

クイーンベッド

このページは「収納付きベッドで衣替えを簡単に行う方法 」の情報コンテンツです。
クイーンベッド > 収納付きベッドで衣替えを簡単に行う方法

豆知識

収納付きベッドで衣替えを簡単に行う方法

寒い冬が終わり、暖かくなってくると衣替えの季節です。みなさんは衣替えをどのようにしているでしょうか。タンスの奥にしまった夏物をやっとの思いで取り出す、毎年同じように大変な思いで作業をしていませんか。ここでは収納付きベッドで衣替えを簡単に行う方法をご説明します。

カラーボックスを活用しよう

衣替えに便利なのがカラーボックスです。クローゼットに服を掛けると下に隙間ができますが、そのスペースを活用します。カラーボックスの高さはそのスペースに合わせたものを利用します。2段くらいのものがよいでしょう。カラーボックスは2つ使用します。一つのカラーボックスは、背板を外します。組み立てるときに背板をつけずに組み立てます。一つは筒抜けになっているカラーボックスを作るのです。

背板のあるカラーボックスを後ろに、背板のないカラーボックスを前に配置して、両面テープなどで二つのカラーボックスを貼り付けます。両面テープでも貼り付けて1時間ほど時間をおけば、しっかりとくっつきます。貼り付けてすぐに動かすとはがれやすいので気をつけましょう。これで奥行きの深いカラーボックスが完成するわけです。

服はインナーボックスへ

服を入れるのはインナーボックスを利用します。カラーボックスの奥行きが深くなっていますので、インナーボックスも奥と手前に2つ入れることができます。奥のインナーボックスには秋冬ものの服を、手前には春夏ものと服を季節で仕分けるのです。こうすることで、寒くなれば、春夏もののインナーボックスを奥に、秋冬ものを手前に、暖かくなってくればまた逆にすることで簡単に衣替えを行うことができるのです。この方法ならインナーボックスを入れ替えるだけですから、わずか数分で衣替えが完了します。カラーボックス2つ1組として、スペースがあれば、もう1組、2組と使えば、かなりの量の服を収納することができます。

服の入れ方にも工夫を

インナーボックスに服を入れるときは、お店でおいてあるように下から上に重ねておくと、下にどんな服が入っているか分かりませんし、取り出すときも大変です。折りたたんだ服の横の部分が上に来るようにたてて収納します。こうすることで、どんな服が入っているか一目で分かりますし、すぐに取り出せるようになります。

クイーンベッド 激安通販
ExecutionTime: 62 msec / Memory: 7.3 MB