クイーンベッド

クイーンベッドお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

クイーンベッド

このページは「押入れを無駄なく活用する方法 」の情報コンテンツです。
クイーンベッド > 押入れを無駄なく活用する方法

豆知識

押入れを無駄なく活用する方法

多くのものを収納するには押入れは欠かせません。押入れの活用法について、ご紹介しましょう。

配置をよく考えて収納する

押入れには、天袋、上段、下段とあります。天袋は普段めったに使わないようなものを収納します。上段と下段ですが、意外と下段は使いにくいものです。下段には使用頻度の低いものを収納しましょう。上段には日常的に使うものを置きます。やはりボックスを利用するのが仕分けができるのでおすすめです。通常、下に大きい箱を置きたくなりますが、使い勝手を考えると疑問です。上段でも真ん中あたりが取り出しやすいスペースなので、そこに使用頻度の高いものを収納した方が便利です。小さい箱をしたにしたときはバランスが大事なので、きちんと四角い形に積み上げて、上を重くして動かないように気をつけましょう。

箱やかごで隙間を作らず収納する

物の形は一定ではないので、押入れでは全てをカチッとした箱で収めるよりも少し隙間を作った方が不定型な物に対応できたりします。たとえば、クリアボックスを置いてできた隙間にはバッグを置いたり、カラーボックスを寝かせてできた隙間にはカゴが複数置いてうまくスペースを利用することもできます。2つのクリアボックスの上にボードやすのこを渡して、簡易棚をつくれば、さらに隙間利用ができます。

引き出し式で奥まで無駄なく利用

押入れの大きな特徴は奥行きが深いことです。たくさん収納できて便利なように思えますが、奥の方が手が届きにくいので死蔵品が出やすいのが難点です。それを防いでくれる頼もしい助っ人が引き出しです。奥にしまったものも、引き出せば使えるので無駄がありません。さらに仕切りにもなるのでスッキリ片付くメリットもあります。

押入れがなければ作ってしまう

間取りによっては、押入れがないお家もあるかもしれません。その場合は押入れスペースを作ってしまいましょう。例えば、大きなタンスがあってその横に1間半くらい空きスペースができたら、押入れ空間と考えて収納に使うのが効率的です。タンスと壁の間にパイプを渡して洋服を掛けたり、カラーボックスと収納箱で収納していけば、使い勝手は押入れと変わりません。

クイーンベッド 激安通販
ExecutionTime: 107 msec / Memory: 7.3 MB